スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目からウロコが!

こんにちは。合唱団の章子です。
今日、8月29日は宇治練習場での練習でした。
しばらくして待ちに待ったピアノが到着。
先生が子どものころ練習していたものだそうです。上品でかわいいピアノで嬉しいですね。
これで練習場らしくなりました。

DSC_0122.jpg

DSC_0123.jpg

DSC_0130.jpg


早速ピアノに合わせて練習です。
ここは普通のお家なのですが、
よく響き、気持ちよく歌えます。
イタリアの天井の高いホールに近い響きだそうで、
こういうよい環境で練習することが大事だと
先生がおっしゃっていました。
環境とピアノのお陰かもしれません、
今日は目からウロコのことが分かりました。
私はずっと歌は裏声でないといけないと思っていたのですが、
地声で正しく出せばどんなに高い音でも出せるし、すべての悩みが解決するというのです。
試しになるべく地声に近い声で歌ってみると、
声が大きくなったように感じ、
先生や団員の方にも、こっちの方がいいよ。全然違う。と言って頂け、
今まで本当に間違っていたんだと気付かされました。
長くいつまでもなかなか上達せず、
どう練習すればいいのか分からないまま今日まで来ましたが、
今日、分かって本当に良かったです。
何か、練習すれば上達できるかもしれない気がして嬉しかったです。
この先の歌の、人生の光が見えたようで、頑張っていきたいなぁと思いました。
嬉しくて帰りの電車でブログを書かずにはいられませんでした。
スポンサーサイト

今 出来ることを 一歩ずつ 🎵

こんにちは 合唱団 の Chinami です
暑い日が続いていますが
皆様 如何お過ごしでしょうか

6月に開催致しました
オペラ大阪 管弦楽団 合唱団 第1回定期演奏会には
沢山のご来場と暖かい拍手を頂きまして
誠にありがとうございます。
アンケート等でも嬉しい言葉を頂戴し
皆様に喜んでいただけた事
とても 幸せに思っております。
『 次回の演奏会 楽しみにしています 』と
沢山の方に声を掛けて頂きました。
蝶々夫人 全幕公演 という
大きな目標に向かって
自分達が 今できる事を 着実に、 楽しみながら 、前へ前へと 進んで行けたらと 思っています。
ミニコンサート等も 計画中です。
また ホームページ等も 是非 ご覧下さい。

オペラ大阪の先生は
各方面で活躍されていらっしゃる
素晴らしいソリストや演奏家の方々です。
その様な先生方に 御指導頂きながら
管弦楽団の迫力ある演奏と共に
ひとつの舞台を作り上げて行く事が出来る!という なかなか味わう事の出来ない
緊張感と 喜びを 一人でも多くの方と、
分かち合えたらと 思っています。

全幕公演に向けて まだまだ練習の途中です
蝶々夫人の合唱は 音程が複雑で
一筋縄ではいかない場面が多々ありますが
とても美しい音で溢れています
結婚式の場面の譜読みも始まったばかりです
是非 練習を見にいらして下さい
お待ちしております 。

6月13日公演の一場面のご紹介です


素晴らしい演奏を有難うございました

練習日はいつも小旅行気分

こんにちは!合唱団の章子です。
前回のオーケストラの祥子さんに漢字違いと書いていただいたのですが、
私はこう書いてあきこと読むんです。ちょっと残念。
でも学生の時はしょうこと呼ばれていたので、
書いていただいて、ちょっと懐かしくなりました。

オペラ大阪に入ったのは1月で寒くて練習に行く途中で雪が降ったりしていたのに、
もう桜の季節も過ぎました。
あっという間でした。
この間、いろいろな場所で練習がありました。
梅田からは30分以内で行けるところばかりですが、
私の家は河内長野なので、梅田まででも1時間以上かかります。
毎回ちょっとした小旅行気分です。
大阪に住んでもう20年以上になりますが、
今までの行ったことのないところ、乗ったことのない電車…
結構楽しいです。市バスにも初めて乗りました!
こんなに時間をかけて行くわけですが、
練習も楽しいので、そんなに苦にはなりません。
先生が丁寧に発生練習をしてくださるので、
声が出やすくなるのがよくわかります。
そして、毎回気付くことがあります。オーケストラと一緒に練習してみて、
合唱団のほんの一部なのではなく、
私という一つの楽器なんだなぁと思いました。
一人で一つの楽器。
そう思うと緊張する余裕もなく、合わせ声を出すことに集中できました。
こんなに楽しい体験、なるべく多くの方と共有できたらいいなぁと思います。

オペラとの出会い

こんにちは
合唱団 高音パート担当のchinamiです
昨年 7月にオペラ大阪に入団しました
美佳先生のご指導のもと 毎回 楽しく
練習させて頂いています

3月には 管弦楽団と合唱団の
合同練習も 始まると聞いて
とても楽しみにしています
管弦楽団の皆様
どうぞ宜しくお願い致します

思い起こせば 学生の頃
生活の中心は コーラス でしたが
長~ ~ い ブランクを経て
もう一度 思い切り声を出して 歌いたい!
という 思いが ふつふつと 沸き上がり
色々と 模索するうちに
オペラ大阪と出会う事が出来ました

オペラに 興味はあったものの 自分には
接点が無いものだと思っていたのですが
合唱という形で参加出来るのだと知り
思いきって 飛び込んで参りました
とはいえ
イタリア語を発音するのも初めてだし
本格的な発声も久しぶりで いきなり
壁にぶつかった様な気持ちでしたが
美佳先生に
「イタリアオペラの合唱団は元々
街の色んな職業の人々が 仕事の後に
集まって 自由に歌っていたものなので
まずは 皆さんそれぞれの個性で
楽しんで歌って下さい 」
と 話して頂いて
構えていた心が ふっと 軽くなりました

オペラの合唱は
舞台の流れの中 登場人物の一人として
演じながら 歌うという
私にとっては 未知の世界ですが
この素敵な世界に チャレンジさせて
頂ける事がとても嬉しいです

これからも 先生のご指導を仰ぎながら
合唱団の《厳しく 自由に 楽しく 》
の モットーのもと
皆様と一緒に 練習に励んで行きたいと
思っています
どうぞ宜しくお願い致します(*^^*)



役割分担を決めました!

はじめまして。
1月から入団しました、章子です。
合唱はずっとしていましたが、
きちんと習ったことはなく、
これからいろいろ教えていただけることにワクワクしています。
どうぞよろしくお願いします。


1月にオーディションがありました。
人生初!!のオーディション。
ものすごく緊張しました。
でも先生が優しく見守ってくださり、
合格させていただきました。

先週はまず、呼吸法のうち立ち方、息の吸い方を教えていただきました。
「片足でしっかり支えて立つ。」
今までは両足でしっかり立つのがいいと思っていたので、驚きましたが、
片足で立つだけで、横隔膜が意識できるそうです。
1週間、駅で、電車で、テレビを見ながら…
意識して立ってみましたが、息を吸うと肩やあちこちに力が入ってしまい、
以外と難しいです。
それでも先生のおっしゃるように意識するだけでも
高い声も少し楽になったように思いました。
これからも肩の力を抜いてできるように常に意識したいと思います。

そして、今日は合唱団の役割分担を決めました。
係りは働く人ではなく、指示をする人です。
これからそれぞれの役割を協力しながらやっていくことで、
無理なくこなしていけたらいいなと思います。

なにより、歌うことを楽しむために、
合唱団の団員みんなで仲良く協力していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。