綺麗な歌、けどスリリング

トロンボーンのセノです。

6月13日の演奏会まであと1ヶ月程となりました。これからさらに気合いを入れて行かなければなというところです。

オペラというと綺麗な歌や演技が何よりも目や耳に入ってきますが、舞台の演者、演奏者達は練習~本番まで緊張の連続です。
どんなに練習を重ねても音楽は水物なので、100%同じタイミングや流れ方など一度として無いかも知れません。
そんな中で楽器演奏者は歌手達を直接見る事が出来ず、演奏の流れは指揮者のみが頼りなので、歌手が歌いやすく且つ、曲が自然に流れて行くように、指揮の小さなサインも見逃すまいと棒を鋭く見ていてピリピリと舞台上は緊張感が漂っています。

公演中、綺麗な歌を聴くと共に伴奏にも注目してみると、普通の観賞とは違った楽しみ方が出来るかと思います。
特に歌の流れが揺れる瞬間など合わせる事に集中しているので、演奏者としてはある意味スリルがあるので、聴きどころの一つかもしれません。

オペラは歌、演技、演奏と様々な要素が絡んでいるので、自分なりの楽しみ方を是非見つけてみて下さい。

百聞は一見にしかず

こんにちはヽ(・∀・)
オペラ大阪でホルンを担当しています、祥子です。
合唱の章子さんとは漢字違いですね☆

皆さんは、「オペラ」というとどんなイメージでしょうか?
豪華な舞台に華やかな衣装を着た歌手たち?
イタリア語やドイツ語で何言ってるんだか分からない?
中には、あのマエストロの指揮であのアリアを歌ったあの歌手は本当に素晴らしい!というような通の方もおられるでしょうね。
私は中学校(だったかな?)の音楽の授業で「音楽と演劇が合わさった総合芸術」であると習いました。

中学・高校で吹奏楽部に入っていた私は、オーケストラに堅いイメージを持っておりクラシック音楽にはさほど興味を持っていませんでした。
運命や第9、新世界や木星などの有名どころは知っていましたが、たまにN響アワーなんかでホルンが映れば「あ!ホルンや!」と言うくらいです(笑)
大学でオーケストラに触れ、オーケストラって楽しい!ということを発見してクラシック音楽も大好きになりましたが、オペラには目を向けていませんでした。
そんな4回生の時、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」をやりました。
最初の練習では楽器だけだったのでオケとの違いはあまり感じませんでしたが、最終練習・本番で声楽の方たちと合わせた時、オペラって楽しい!!ということをまた発見しました。
なので、オペラ大阪の団員ではありますが、まだまだオペラ初心者であり、クラシックかじりかけの未熟者です。

そんな私が言うのもなんですが、「クラシックって堅苦しい感じ…( ´_ゝ`)」とか、「オペラって敷居が高いわぁ…(*_*;」と思っているそこのあなた!
6月13日のオペラ大阪の公演を観に&聴きに来ませんか?
百聞は一見にしかず!
「クラシックってけっこう良いかも?」と思って頂けるように団員一同精一杯頑張って、生演奏だからこその迫力、奏者や演者の息遣いなど、CDやテレビでは味わえないような感動をプレゼントいたします(`ー´ゞ-☆
ぜひオペラ大阪の公演でクラシック音楽への第一歩を踏み出してください(*^^*)

反対に、クラシック通のそこのあなた!
まだまだ無名のオペラ大阪が、これから成長していく第一歩を見届けませんか?
通のあなたにとっては物足りない部分も沢山あることと思います。
ぜひご来場いただき、アンケートにご意見下さい。
団員一同お客様から頂く課題を元に、更に成長出来るよう努力します。


また、オペラ大阪ではお客様だけでなく団員も大募集中です!
市民吹奏楽団や市民オーケストラは数あれど、市民オペラ団なんて一体いくつあるでしょうか?
これからの人生でオペラを観る機会は数あれど、オペラをやる機会なんて出てくるでしょうか?
私も大学卒業後は「オペラなんてもう一生出来ないんだろうな…」と思っていましたが、オペラ大阪に出会ったお陰で現在はオペラをやる立場にいます。

オペラは歌が入る分メロディーの延び縮みが激しく、オーケストラの曲より難しさを感じますが、イタリアの響きに少しでも近付けるように、インストラクターの先生方のご指導の元、団員一同頑張っているところです。

オペラに興味がある方、オーケストラが好きな方、音楽が大好きな方、音楽が辞められない方。
私達と一緒にオペラを成功させませんか?
第二回公演「蝶々夫人」に向けて始まったばかりですので大変なこともありますが、少しでも興味を持たれた方はぜひ事務局までご連絡ください。
お待ちしております(*^^*)

管弦楽団ブログスタート!

こんにちは!
オペラ大阪管弦楽団のAyaです。クラリネットを担当しています。
管弦楽団でもこれからブログを更新していきたいと思います。

第2回公演に向けて、管弦楽団では秋頃からオーディションがあり、
新しいメンバーが加わりました。
私もその1人です。
クラリネットは長くやっていますが、これまでは吹奏楽や小規模なアンサンブルで演奏していて、
オーケストラをやるのは初めてです。
オペラにもこれまであまり縁がなくて、なんとなく
「オペラは歌が主役で、オケは伴奏のようなもの」と思っていました。
でも練習のとき、
「歌と一緒に演奏するからこそ、オペラのオーケストラは本気でやらないといい音楽ができない」
と聞いて、歌と同じぐらい演奏も大事なんだとわかりました。
初めてのオケでとまどっているところもありますが、
いい音楽ができるように、しっかり練習していきたいと思います!

新メンバーでの練習は、1月から始まりましたが、
管弦楽団はどのパートもまだまだメンバー募集中です!
オペラ大阪で一緒に音楽を届けませんか?
ご応募をお待ちしています。
詳細はこちら
www.operaosaka.com/coroeorchestra.html#orchestra
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク