スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百聞は一見にしかず

こんにちはヽ(・∀・)
オペラ大阪でホルンを担当しています、祥子です。
合唱の章子さんとは漢字違いですね☆

皆さんは、「オペラ」というとどんなイメージでしょうか?
豪華な舞台に華やかな衣装を着た歌手たち?
イタリア語やドイツ語で何言ってるんだか分からない?
中には、あのマエストロの指揮であのアリアを歌ったあの歌手は本当に素晴らしい!というような通の方もおられるでしょうね。
私は中学校(だったかな?)の音楽の授業で「音楽と演劇が合わさった総合芸術」であると習いました。

中学・高校で吹奏楽部に入っていた私は、オーケストラに堅いイメージを持っておりクラシック音楽にはさほど興味を持っていませんでした。
運命や第9、新世界や木星などの有名どころは知っていましたが、たまにN響アワーなんかでホルンが映れば「あ!ホルンや!」と言うくらいです(笑)
大学でオーケストラに触れ、オーケストラって楽しい!ということを発見してクラシック音楽も大好きになりましたが、オペラには目を向けていませんでした。
そんな4回生の時、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」をやりました。
最初の練習では楽器だけだったのでオケとの違いはあまり感じませんでしたが、最終練習・本番で声楽の方たちと合わせた時、オペラって楽しい!!ということをまた発見しました。
なので、オペラ大阪の団員ではありますが、まだまだオペラ初心者であり、クラシックかじりかけの未熟者です。

そんな私が言うのもなんですが、「クラシックって堅苦しい感じ…( ´_ゝ`)」とか、「オペラって敷居が高いわぁ…(*_*;」と思っているそこのあなた!
6月13日のオペラ大阪の公演を観に&聴きに来ませんか?
百聞は一見にしかず!
「クラシックってけっこう良いかも?」と思って頂けるように団員一同精一杯頑張って、生演奏だからこその迫力、奏者や演者の息遣いなど、CDやテレビでは味わえないような感動をプレゼントいたします(`ー´ゞ-☆
ぜひオペラ大阪の公演でクラシック音楽への第一歩を踏み出してください(*^^*)

反対に、クラシック通のそこのあなた!
まだまだ無名のオペラ大阪が、これから成長していく第一歩を見届けませんか?
通のあなたにとっては物足りない部分も沢山あることと思います。
ぜひご来場いただき、アンケートにご意見下さい。
団員一同お客様から頂く課題を元に、更に成長出来るよう努力します。


また、オペラ大阪ではお客様だけでなく団員も大募集中です!
市民吹奏楽団や市民オーケストラは数あれど、市民オペラ団なんて一体いくつあるでしょうか?
これからの人生でオペラを観る機会は数あれど、オペラをやる機会なんて出てくるでしょうか?
私も大学卒業後は「オペラなんてもう一生出来ないんだろうな…」と思っていましたが、オペラ大阪に出会ったお陰で現在はオペラをやる立場にいます。

オペラは歌が入る分メロディーの延び縮みが激しく、オーケストラの曲より難しさを感じますが、イタリアの響きに少しでも近付けるように、インストラクターの先生方のご指導の元、団員一同頑張っているところです。

オペラに興味がある方、オーケストラが好きな方、音楽が大好きな方、音楽が辞められない方。
私達と一緒にオペラを成功させませんか?
第二回公演「蝶々夫人」に向けて始まったばかりですので大変なこともありますが、少しでも興味を持たれた方はぜひ事務局までご連絡ください。
お待ちしております(*^^*)
スポンサーサイト

オペラとの出会い

こんにちは
合唱団 高音パート担当のchinamiです
昨年 7月にオペラ大阪に入団しました
美佳先生のご指導のもと 毎回 楽しく
練習させて頂いています

3月には 管弦楽団と合唱団の
合同練習も 始まると聞いて
とても楽しみにしています
管弦楽団の皆様
どうぞ宜しくお願い致します

思い起こせば 学生の頃
生活の中心は コーラス でしたが
長~ ~ い ブランクを経て
もう一度 思い切り声を出して 歌いたい!
という 思いが ふつふつと 沸き上がり
色々と 模索するうちに
オペラ大阪と出会う事が出来ました

オペラに 興味はあったものの 自分には
接点が無いものだと思っていたのですが
合唱という形で参加出来るのだと知り
思いきって 飛び込んで参りました
とはいえ
イタリア語を発音するのも初めてだし
本格的な発声も久しぶりで いきなり
壁にぶつかった様な気持ちでしたが
美佳先生に
「イタリアオペラの合唱団は元々
街の色んな職業の人々が 仕事の後に
集まって 自由に歌っていたものなので
まずは 皆さんそれぞれの個性で
楽しんで歌って下さい 」
と 話して頂いて
構えていた心が ふっと 軽くなりました

オペラの合唱は
舞台の流れの中 登場人物の一人として
演じながら 歌うという
私にとっては 未知の世界ですが
この素敵な世界に チャレンジさせて
頂ける事がとても嬉しいです

これからも 先生のご指導を仰ぎながら
合唱団の《厳しく 自由に 楽しく 》
の モットーのもと
皆様と一緒に 練習に励んで行きたいと
思っています
どうぞ宜しくお願い致します(*^^*)



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。