スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本場イタリア ボローニャからやってきたオペラ

管弦楽団の祥子です。
気持ちの良い天気が続くシルバーウィークでしたが、皆さんはどのように過ごされましたか?
私はシルバーウィークの一足先に京都国立博物館にオペラ「道化師」を観に行ってきました!
京都の他に姫路城でもやったそうなので、観に行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
本場イタリアのボローニャから来日するということでとても楽しみにしていたのですが、その期待通りとても良い公演でした。
野外公演だったからか歌手の声がまっすぐに飛んでくるのが分かり、その伸びやかな声にうっとりすることしきりでした。

1442809140326.jpg

1442809153601.jpg


ですが、最近ではイタリアでもベルカントで歌う歌手は少なくなってきているそうです。
私はベルカント全盛期のオペラ歌手の歌声をCDやYouTubeでしか聴いたことがないのではっきりとどう違うのかは分かりませんが、それでもオペラ離れやクラシック離れの原因はもしかするとそこにもあるのではないかな、と思いました。

そんなベルカントをイタリアで習得してきたのがオペラ大阪代表の福田美佳先生です。
そして、私も今ベルカントの呼吸法を習っています。
管楽器の方にとっては呼吸の仕方やお腹の支えって常について回る課題ではないかと思います。
私もこの2つにずっと悩んでいて、息が全然続かなかったり変に力んでしまったりしていたのですが、ベルカントの呼吸法を教えていただいてからどうすれば良いのかが分かり、どうして失敗するのか、どうすれば失敗しないのかが少しずつですが分かってきました。
イタリア人でない人がベルカントを習得するには10年かかると言われるそうなのでまだまだ道は長いですが、かつて観客を魅了した歌手たちが使っていたベルカントで、私も素敵な音楽を奏でられるようになりたいと思います。

――――――――――――――
10月24日オペラ大阪の宇治練習場でティータイムコンサートを開催します。
用意の関係上予約制となりますが、皆様お誘いあわせの上お気軽にお越しください♪
詳しくはオペラ大阪HPにて!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。